NEPAPI BLOG
海外移住したフリーランス夫婦
動画編集

【動画編集の外注】年間300本受注の編集者が外注の流れを解説!!

うちもそろそろ動画で配信やプロモーションをしていきたい、でも動画編集ってしそうだし、何から始めたらいいかわからない…

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

これまでホームページを作ってブログ記事を書いて、最近はインスタグラムやTwitterを使い始めた方も、いざYouTubeなど動画プラットホームでの配信を始めるにはハードルが高いと感じられます。

そこで!!動画編集フリーランスとして夫婦で仕事している私たちがお答えしていきます。現在、役者様YouTubeチャンネルお医者様のYouTubeチャンネルの動画編集を依頼されています。大体月20~30本の動画編集を依頼されています。

【自己紹介】ネパールに移住したフリーランス夫婦 はじめまして!!NEPAPI Blogへようこそ!! 自己紹介まで見にきていただき誠にありがとうございます。 ...

この記事では…

・なんでみんな動画配信するの? ・何から始めたらいい? ・編集ってお願いできるの? ・動画配信の分野で失敗しないためには?にお答えしていきます

01| 最近の動画の市場・状況

突然ですが2本の記事をご覧いただきたいと思います。

「サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表」(記事日付2022年1月19日)

https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=27195

・2021年の動画広告市場は、昨年対比142.3%

2025年には1兆465億円に達する見込み

【特集】巨大プラットフォームに成長した「YouTube」を知るための10のデータ(記事日付2021年2月19日)

https://media-innovation.jp/2021/02/19/know-youtube-from-data/

・2割のユーザーが毎日3時間以上視聴

・米国では、82%のユーザーがYouTubeを使ってハウツーやDIYを学び、72%が運動や健康維持のために活用

動画市場はスマートフォンの普及、コロナ禍で在宅時間の増加によって加速しました。そして、今後も伸び続ける見通しです。そして、YouTubeは健康など生活に密着した学びの場になっていることがわかります。多くの人が信頼を置くコンテンツになっているのです。

今は花屋さんもYouTubeで発信する時代。企業やクリニックがYouTubeチャンネルを持って動画配信することが、ホームページやブログほど一般的になっています。

02| 動画配信を始めてみてほしい理由

ではYouTubeなどで動画発信するメリットとは?

いきたいお店やクリニックに、しっかり整ったホームページがあると信頼感が増します。ブログで新しい情報を発信していると安心感が増します。動画発信にも同じことが言えます。

疑問や悩みを持っている視聴者さんがYouTubeを見たときに、動画でしっかり発信されているなら「このお店やクリニックにお任せしたい」と思えるようになります。

また、動画は映像と音声のコンテンツです。動画で語りかけることで表情や声の調子から視聴者さんはこのお店や先生なら信頼できると、安心感を感じることができます。

動画は…

「視」:映像+「聴」:音声=「視聴」コンテンツ

今の時代、何がバズるかわかりません。動画がいきなり伸びることもあり、チャンネルから思いも寄らない収益が入ることも?!夢がありますね!!

収益化

登録者数1000人といった条件を満たせばチャンネルを収益化することができます

アドセンス収入という広告収入を得ることができ、Googleから入金が来ることになります!!

03| 編集は外注できる!!

ここまでで実際に動画配信を始めてみたい皆様。編集はぜひプロにお任せください!!

動画編集の専門家

YouTubeにある動画は本人が編集していることもありますが、多くの場合出演者とは別の編集者が編集しています。

動画に出演して実際に話すのはその道の専門家でなければなりません。でも、時間としスキルのいる編集業務は慣れたプロにデータを送ればOK。ぜひ委託してリソースを有効活用していただきたいです。

外注するのは「動画編集」と「サムネイル作成」です

動画編集は「カット編集、BGM、効果音、タイトル設置、基本的なテロップ、要点を強調するテロップ、OP、ED、アイキャッチ」を入れること。視聴者さんが理解し納得しやすいこと、心に響く編集を心がけます。音や色や動きを加えることで、感情を強調したり、深刻になりすぎるのを和らげたりすることもできます。

サムネイルは動画の顔です。スマホの小さい画面でも目に付く文字サイズやデザインが大事です。見たいと思うようなフレーズを考え文字や写真を整えます。

使用するソフトは…

動画編集→Adobe Premiere Pro / サムネイル→Adobe PhotoshopとIllustratorです

 

お問い合わせ先

動画編集のご依頼ぜひお待ちいたしております。当サイトのお問合せページTwitterのDMからお気軽にご連絡ください。直接ご紹介いただいている際はメールアドレスまで。お見積りをお送りし、初回お試し価格5000円でまず1本編集させていただくご提案をさせていただきます。

Twitter→【https://twitter.com/NepapiC

04| 依頼の流れ

では、依頼者(お客様)は何をしなければならないか?まずは編集を実際に依頼する全体の流れをご説明します。

①依頼者(お客様)

企画・台本作成・撮影

・撮影動画と台本をギガファイル便(https://gigafile.nu/)で編集者へ送付

・動画内に入れる素材や写真、サムネイルに入れたいワードなども追加指示

②動画編集者

・データをダウンロード、台本からテーマやポイントを確認

動画編集とサムネイル作成

・ギガファイル便で納品

③依頼者(お客様)

・完成した動画とサムネイルを確認

修正があれば依頼

・問題がなければ自身のYouTubeチャンネルにアップ

依頼者さんに行なっていただくのは、「動画の撮影をして編集者に送る」です。本業がある傍らの撮影は力がいると思いますが、アップした動画を見た視聴者さんの反応を思い浮かべながら頑張っていただければと思います。

撮影方法や、動画の基本構成頻度などの「型」を決めれば慣れやすいです😌

それでは実践編へ参りましょう!!

05| テーマを決めましょう

では、何をテーマにして動画を撮影すればよいか?

まずはご自身の専門分野で一番よく聞かれること、お客さまや患者様が不安に思っていることです

ホームページのブログの記事があるなら一番見られている記事のテーマを動画にしてよいでしょう。

ラッコキーワード(関連ワードともいう)でも調べてみてください

https://related-keywords.com/

よく検索される関心度が高いテーマを知ることができます。

一例として「皮膚科」で検索する場合です

皮膚科で次に関連するワードは「ニキビ」や「ハンドクリーム」です

さらに「ニキビ」から関連するのは「薬」「ニキビ跡」「治らない場合」「ニキビ跡」「値段」です

ご自身の専門分野から「大きなテーマ」を5つほど選択し、それに関連する「小さなテーマ」をそれぞれ5つほど決めていけば25-30ほどのテーマになります。そのテーマを順に動画化していけばよいでしょう。30本動画を投稿すると視聴者の需要が見えてくるはずです。

週1回投稿するなら半年で24のテーマを扱えます

継続が重要!!

最初はなかなか再生されません。頑張って作った動画が数十回しか再生されないなんてザラです。本当に辛抱が必要です。

しかし、定期的に動画を上げていくとYouTube側でおすすめに表示され徐々に結果が出てきます。1年でやっと登録者1000人達成したあと、その2ヶ月後に登録者2000人、半年後に1万人というパターンも多いです

06| おすすめカメラと撮影の注意ポイント

では実際の撮影に入っていきます。

カメラ

最新のiphoneなどスマホのカメラ性能でも十分です。外側のカメラで、最高画質に設定して撮影お願いいたします。

●iphoneの場合
【設定→カメラ】
・フォーマット→互換性優先
・ビデオ撮影→4K/30 fps、自動低照度FPSをOFF


 

それでも折角YouTubeで配信するのなら専用のカメラがいいでも何にしたらいいかわからないという方はSonyのZV-1Gというカメラをお勧めします。使いやすくて綺麗な動画が撮れる大人気のカメラです。


横向きで固定です!!

下からの画角にならないように目線正面にカメラを設置

光が十分入る明るい場所雑音の入らない静かな場所

三脚

カメラを固定するために必須です。スマホで撮る場合はホルダー付きのものが便利。


照明

照明があれば室内でも明るく撮影できます。部屋の蛍光灯では明るさが足りないことも。


マイク

解説動画では音質は画質以上に重要かもしれません。外部マイクの使用をお勧めします。

カメラにつけるタイプなら↓


 

スタンドをつけて口元にマイクを持ってきて話すなら↓


撮影のコツ

台本を使用する際もカメラ目線で話すようにすると視聴者は自分に語りかけられていると感じ、訴えやすいです

07| 動画の基本的な構成

「視聴者さんのお悩みを解決する」ことを目的に構成を考える

医療系の解説動画を例に「お悩み→解決」の基本的な構成例を記載します。この場合約10分の動画になります。

●オープニング(約15秒)

挨拶/自己紹介/いつもチャンネルで発信していること

●導入(1~2分)

よくある悩み・心配・疑問・症状など/放っておくことのリスクや解決することのメリット/本日のテーマ/目次/「ぜひ最後までご覧ください!」

●本編(6~7分)

原因/解決策/治療方法と結果/症例など

●まとめ(1~2分)

ポイントおさらい/最後の一言アドバイス/視聴者を安心させること

●エンディング(約30秒)

視聴への感謝/今後もチャンネルで発信していくこと/クリニックの紹介/チャンネル登録&高評価のお願い

もちろんテーマによって変わりますが、「お悩み→解決」「不安→安心」を基本軸に置いていると構成がしっかりします。

視覚的な資料

実際の症例やビフフォーアフターの写真グラフなど視覚的な資料も表示できます。変化がつきますし、視聴者が理解しやすくなります。

08| サムネイルは動画の顔

動画が再生されるかを左右する、非常に重要なサムネイル。

サムネイルとは…

YouTubeで表示される小さい画像

ユーザーを引きつけるサムネイルが必要です

若年層は9割がスマホで動画サイトを利用します。小さい画像で目を引くためにコツがあります。編集した動画と同数のサムネイルを作成してきましたので、安心してお任せください。

サムネイル作成のポイント

・文字数を絞って、文字サイズを大きく

・スマホのスクロールを意識し、左上に重要ワードを配置

右下には動画の時間表示があるため、文字を置かない

・ビフォーアフターの写真など、最後まで視聴してもらいやすい工夫をする

動画を作る前にサムネイルを決めてしまうYouTuberも多いです。それほど重要なのです。

09| 失敗しないために

ここまでYouTubeチャンネルでの動画配信の基本をご説明させていただきました。

折角、時間とエネルギー、そして費用も注ぎ込むわけですから、大ゴケせずにぜひとも成功していただきたいです。それで、最後に視聴を伸ばすコツをお伝えします。

1.大事な数字

2.宣伝効果を最大限に

3.伸びる分野の見極め方

1.大事な数字

●視聴回数…これまでに何回再生されたか。まずは登録者数以上の回数を目標に!!

●総再生時間…これまでに何時間再生されたか

●平均再生率…平均何%視聴されたか。40%超えるとGood!!

●インプレッションのクリック率…おすすめに表示された内、実際に視聴された率。7%超えるとGood!!

平均再生率とインプレッションのクリック率の2つの値が上がると良い動画と判断され、よりおすすめに表示されるようになります。

2.宣伝効果を最大限に

動画をYouTubeにアップしたら他のSNSでも告知し、視聴に繋げるようにしましょう。

HPで新しい動画がアップされたことをお知らせ。インスタ、LINE、Twitterでもお知らせすると再生も伸びます。特にTwitterは宣伝効果が高いですのでぜひお勧めします。

3.伸びる分野の見極め方

最後に非常に重要なことをお伝えします!!

ズバリ!!再生回数上位の動画が伸びる分野です!!

30本ほど動画をアップしたら再生回数上位に注目しましょう。再生された理由を分析して、それを次の動画に活かす。このように伸びる動画を見極めましょう。

「これは再生される」という武器=エース動画をもてると強いです

寿命の長い動画を作っておく!!

1、2年後に見ても変わらず役に立つというの動画です。初動は悪くともジワジワ伸びて再生の土台になる、このようなロングテールの動画があると長期運営しやすいでしょう。

トレンドは初動は早いが寿命も短い。使い分けながら戦略性を持って商品棚に揃えるべし!!

エース動画&ロングテール動画チャンネルを成長させましょう!!

 

最後に…

いかがでしたでしょうか?

年間300本ほどを編集していて積み重ねてきた知識・経験をぎゅっと詰めました。もしかしたら情報量に圧倒されたかもしれません。それで…

100点を目指さず70点を継続

最初から完璧を求めると疲れてしまいます。それに何が当たるかもわからない世の中です。70点でよしとし、むしろ継続する方に力を注ぐ方が得策でしょう。

それでは動画編集のご依頼の際は、ぜひ私たちにご相談ください!!

 

お問い合わせ先

動画編集のご依頼ぜひお待ちいたしております。当サイトのお問合せページTwitterのDMからお気軽にご連絡ください。直接ご紹介いただいている際はメールアドレスまで。お見積りをお送りし、初回お試し価格5000円でまず1本編集させていただくご提案をさせていただきます。

Twitter→【https://twitter.com/NepapiC